1日1時間1万歩くらいを目安に歩くように

お肌のために心掛けているのが適切な運動量の確保。

一見するとスキンケアになるのか分からないでしょうが、全身運動は血流がよくなって、代謝量が増えるんですよ。

「新陳代謝」が良くなると皮フのターンオーバー周期も整ってきます。

肌の老化対策としても一番良いんです。

あたしがしているエクササイズは簡単な「歩行運動」です。

1日1時間、1万歩くらいを目安に歩くようにしています。

集中的に出来ないときは、普段は自転車で行く食料品の買い出しを歩きで行き来したり、大型スーパーの中を歩き回って歩数を増やすなどのちょっとした工夫をしています。

そして、ウォーキングの最中に成る丈「階段」なんかを利用して更なる負荷を体にかけていくことも重要です。

歩行運動を行うようになってから汗をかきやすくなったので、素肌が目に見えて改善されました。

余分なものが排出され肌のくすみも改善されたのです。

歩行運動は無駄な出費をしなくても開始できるので気軽な肌ケアの方法の一つだと思います。

冷え性で基礎代謝量も低いので、暑い時期であっても「シャワー」オンリーではなく絶対に浴槽にはいることにしています。

暖かい時期は40℃、冬場などは42度前後と結構熱くして入ります。

入浴中はゆっくりとリラックスすると決めているので、マンガをよんだり歌をうたったりしてのんびりと過ごしています。

日中、いっぱい歩いていた日や立ちっぱなしだった日はむくみを防止するために脚のマッサージをしたり、肩もみや腕マッサージを行ってストレスがかかった全身のケアをするようにしています。

きっちりと決まっているような美容法は無理なので、特に湯船に何分入るとか気にしていないのですが、いつも無意識に二十分前後はお湯につかってる感じです。

むかしは「シャワー」オンリーだったけど、ちゃんと湯船に浸かるようにしてからは二の腕や肩らへんの血行も良くなってきたし、代謝も上がってきたのか汗ばんでくるようになってきました。

誰にでも出来るすごく楽な美容術ですが、湯船に浸かるという事は女子にとってすごく大切なのだと思っています。

心が荒んでいると肌や体型にもあらわれてしまいます。

吹き出物が発生したり、便通が悪くなったりしてこれが体重増加の元にもなるからです。

あと、ストレス発散に食に走って解消する方もいますが、これは「肥満」を助長させるだけでストレスの解消にはなっていないです。

それがかえって、精神的ストレスのもとになることもあるのです。

それでは、どのようなストレス解消方法が持って来いかというと運動をしたり、「フェイシャルエステ」や「美容院」で女っぷりを上げたり没頭できるような事を十分に堪能するということが最善のストレス発散法です。

もちろん、アロマポットに精油をたらしてゆったりした時を過ごすのも心労の軽減にはいいですね。

個人によって違いはありますが、運動をしたり息抜きをすると余計な事を考えずに済んで心が明るくなりストレスが解消されるといったプロセスなのです。

ストレスがたまったと思ったら運動をしたりリラックスすることで気が晴れて、一段と美容面でもいい結果をもたらすことになります。

イライラしてきたら食事で憂さ晴らしをするのではなく、体操をしたりリラックスすることで気持ちを整えることが最適の方法です。